2020年9月15日

Celebrity Summit、アラスカのケチカンを出港する風景

Filed under: Celebrity Summit,Youtube,アラスカ,セレブリティ — japancruiseclub

セレブリティサミットのアラスカケチカンを出港する風景です。

本船の塗装は懐かしい、旧塗装時代の映像です。

2020年9月2日

セレブリティサミットのアラスカ・ケチカン入港風景

Filed under: Celebrity Summit,Youtube,アラスカ,セレブリティ — japancruiseclub

以前、撮影していたセレブリティサミットのアラスカケチカン入港風景の映像を

アップしました。

本船の塗装は、現在のものではない旧塗装時代に撮影したものです。

すこし長いですが、セレブリティクルーズな方に懐かしんでいただければと思います。

 

 

2020年6月25日

40日3隻連続乗船クルーズ エメラルドプリンセスへの同日乗り換えとナッソー編

大西洋を横断して、ナッソーに到着しました。

 

カリブ海の綺麗なブルーです。

 

ナッソーではノルウェイジャンサンとカーニバルビクトリーが寄港していました。

 

ナッソーに来ると沢山のクルーズ船にである可能性が高いので、船好きな方は

一度行ってみてください。

ナッソーを出港したら、いよいよセレブリティリフレクションでのクルーズも

終わりが近づいてきます。

そして3隻目の客船、エメラルドプリンセスへの同日乗り換えを行います。

これが上手くいったら、3隻乗り継ぎ成功となります。



夜明け前にフォートローダーデールに到着しました。

夜が明けて、外には最後に乗船予定のエメラルドプリンセスが停泊しています。

 

セレブリティリフレクションを下船します。

目の前には、3隻目のエメラルドプリンセス!!

無事チェックインも完了して、部屋に向かいます。

 

部屋は広めのスイート客室です。

 

 

船内を散策しました。

そして夜のフォートローダーデールを出港し、最終目的地はロサンゼルスです。

写真を以下のyoutubeに載せていますので、ご覧ください。

 

 

2020年6月24日

40日3隻連続乗船クルーズ テネリフェ寄港と終日航海編

ジブラルタルを出港後、テネリフェに向かって終日航海です。
 

翌日の早朝、テネリフェに寄港。外はまだ薄暗いです。

港にはホーランドアメリカラインのロッテルダムが入港してきました。

最近、ホーランドアメリカの客船に乗っていないので、久しぶりに乗りたくなりました。

続いて、コスタ・パシフィカが入港してきました。

他にもSagaクルーズのSpirit of discovery号が入港しており、

上の写真のように、左上がSprit of discovery、真ん中がセレブリティリフレクション、

一番手前のがコスタ・パシフィカです。

 

テネリフェの街を少し散策して船に戻りました。

セレブリティリフレクションには、生の芝生がひかれています。

帆船のSEA CLOUD IIも入港していきました。



太陽が雲の間から差し込んで幻想的です。そしてテネリフェを出港したら

大西洋を横断してナッソーへ向かいます。

 

船内の様子

 

 

他にも沢山の写真を以下のyoutubeにてご覧頂けます。

2020年6月22日

40日3隻連続乗船クルーズ カルタヘナ_ジブラルタル編

イビサ島を出港して、翌日にはカルタヘナ(スペイン)へ到着。

カルタヘナはスペインにもありますし、コロンビアにもあります。

今回のクルーズでは2カ国のカルタヘナへ寄港します。

なので地名の後に括弧で国名を記載しておきます。

朝食をとっていると、オーシャニアシレーナが入港してきました。

 

一段落してから、下船します。

天気もよく、散策日和です。

 

疲れたら有料のようですが、かわいい乗り物に乗って移動も出来ます。

先ほど、入港してきたオーシャニア・シレーナがいます。

夕方になり、出港に時間が近づいてきます。

 

そして、ジブラルタルへ向かいます。



早朝、ジブラルタルに入港しましたが、すでにアザマラ・ジャーニーが停泊していました。

本船はお隣に着岸。すごい大きさに差があります。

ジブラルタルとイギリスの国旗

ジブラルタルには、珍しい空港がありますが今回は割愛します。

街を散策します。

 

お猿さんがいました。

載せきれていない写真は以下のyoutubeにありますので、ご覧ください。

 

2020年6月21日

40日3隻連続乗船クルーズ MSCプレチオーサからセレブリティリフレクションへの乗り換え

3隻連続乗船クルーズの1隻目がまもなく終わりに近づこうとしています。

名残惜しい、アフタヌーンティーを堪能します。

MSCプレチオーサでのシアター最後のご挨拶が行われました。

MSCプレチオーサでの最後の晩餐はロブスター!!

乗り換えを行うバルセロナへ航行中ですが、少し気がかりな事が・・。

それは海が荒れていることです。

 

もしバルセロナ港へ入港出来なければ、次のセレブリティへ乗り継ぎが出来ません。

何しろ午前中に下船して、午後には次の客船へ乗り継ぐのです。

ハラハラドキドキを2回行うことになります。




いよいよバルセロナ入港です。

お天気も良く、波も問題ありません。

そして前方には次に乗り換えるセレブリティリフレクションが既に停泊しています。

 

乗り換える客船を横に見ながら、セレブリティリフレクションの後ろ隣へ着岸します。

無事下船すると、お隣のセレブリティリフレクションへ歩いて向かいます。

チェックインも完了し、船に乗船します。

部屋に到着。セレブリティはスイートではなく、アクアクラスです。

 

 

 

船内をいろいろと探検していると、ドリルの時間になり、それから夕食です。

 

翌日、イビサ島へ到着しました。

 

下船して、しばらくイビサ島を散策します。

 

 

なかなか綺麗な街並みです。

疲れたので、船に戻り一休み。

夕方には出港となるため、お気に入りの寄港地には何回もクルーズで

寄港するか飛行機で来て堪能する事になります。

イビサを出港後、夜には綺麗な月景色が見られました。

他にも写真がありますので、下の映像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月13日

客船を乗り継いで40日間のクルーズが終わりました。

クルーズサークルメンバーが客船を乗り継いで40日間のクルーズを行いました。

内容は10月27日から12月3日までMSCプレチオーサ、セレブリティリフレクション、

エメラルドプリンセスと連続乗船した写真中心の航海記を少しずつアップする予定です。

今回は各船を乗り継ぐ際に、ホテルに泊まることなく

下船したその日に、次の客船に乗船するということを2回行ったバルセロナからロサンゼルス

までの旅程となります。

1航海目・・MSCプレチオーサ

10月27日バルセロナ乗船、11月5日バルセロナ下船

2航海目・・セレブリティリフレクション、

11月5日バルセロナ乗船、11月18日フォートローダーデール下船

3航海目・・エメラルドプリンセス

11月18日フォートローダーデール乗船、12月3日ロサンゼルス下船

今回のクルーズで訪問した寄港地は、バルセロナ、マルセイユ、ジェノア、マラガ、

カサブランカ、リスボン、イビサ島、カルタヘナ、ジブラルタル、テネリフェ、

ナッソー、パナマ運河通過、パナマシティ、プンタレナス、サンファンデルスール、

ハタルコ、プエルトバレルタ、ロサンゼルスです。

お楽しみに!

 

2018年6月24日

環境に優しい対応へ

ロイヤルカリビアンは、グループ内のロイヤルカリビアンクルーズ、セレブリティクルーズ、

アザマラクラブクルーズ、TUIクルーズ、プルマントゥールクルセロスで

プラスチック製品の使用をやめる為に、まずはプラスチックストローを1年にわたり

リクエストされた乗客に提供していましたが、それもやめて2019年からは

紙製のストローへ変更していくようです。

他のプラスチックについても、審査しながら2020年までに段階的に完了していく

予定だそうです。

環境に優しい対応もクルーズ船は早いので、勉強になります。

 

 

 

 

 

2018年2月13日

セレブリティ・エッジのゴッドマザーは?

Filed under: クルーズ情報,セレブリティ,新造船情報 — japancruiseclub

今年就航予定のセレブリティ・エッジ(Celebrity Edge)のゴッドマザーが

決定しました。

ゴッドマザーにはノーベル平和賞受賞者で国連ピース・メッセンジャーでもある

マララ・ユスフザイさんがされることになりました。

詳細は https://www.celebritycruises.com をご確認ください

 

 

2017年3月28日

乗ってみたいセレブリティEdgeクラス

Filed under: セレブリティ,新造船情報 — japancruiseclub

セレブリティクルーズは現在エッジクラスといわれる新しいタイプの

客船を建造中です。

そのエッジクラスの新しい構造物などを紹介しています。

一番の特色は動画の右下に見えている船からはみ出したエレベータみたいな物です。

これはMagic Carpetという、上下する空間です。ここの大きさはテニスコート

ぐらいだそうです。

バーカウンター有り、食事が出来るテーブル有りで、普段は客船の外側で直接風を

感じながら食事などが出来そうです。

それに最上階まで上昇した状態だと、景色も相当きれいとおもいます。

デッキ16として使用する際は、スペシャリティレストランのDinner on the Edgeになり、

デッキ14にいるときはプールエリアの拡張部分として機能します。

デッキ5の時も別のスペシャリティレストランとして機能するようです。

そして、デッキ2まで降下した状態では、ギャングウェイとして

テンダーボートの離着場所としても利用出来るように考えられています。

他にもルーフトップガーデンやCabanasというプライベート空間で

くつろげるような場所が設置されるようです。

就航したら、体験したい客船の1つです!

 

 

 

次ページへ »

Powered by JapanCruiseClub.com

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PAGE TOP